[ COMMON SETUP ]

Vine Linux 2.1

起動時に SMB ボリュームをマウントする

2000/12/21 Tomohiro Kumagai

□ SMB ボリューム

SMB、Server Message Block。

これは、主に Windows 系 / Windows NT 系で使用されている、ファイルやプリンタを共有するためのプロトコルです。これによって、他のコンピュータにあるフォルダを、簡単に利用することができるようになっています。Linux の場合も、Samba というソフトウェアによって、この SMB を用いた通信ができるようになっています。

Vine Linux 2.1 には、標準で搭載されていますので、smbclient や smbmount といったソフトウェアを使って、比較的簡単に Windows のフォルダにアクセスすることができます。

 

□ mount コマンドを使用する

Vine Linux 2.1 では、mount コマンドを使用して、SMB ボリュームをマウントすることができます。

mount -t smbfs -0 username=xxxxx,password=yyyyy //servername/volume /mountpoint

ちょっと長くなってしまいますけど、雰囲気的にはこのような感じです。

 

username=xxxxx

xxxxx の部分には、SMB ボリュームを使用するためのユーザ名を記述します。

 

password=yyyyy

yyyyy の部分には、username で指定したユーザ名のパスワードを指定します。

 

//servername/volume

この部分は、共有されている SMB ボリュームを指定するためのものです。この場合、servername という名前のコンピュータが共有できるようにしている、共有名 volume というフォルダを示します。

 

/mountpoint

これは、Linux のどのディレクトリへマウントするかを示します。ここでは、/mountpoint というディレクトリへマウントするという意味になります。

 

□ 起動時にマウントさせる

上記で示したようなことは、/etc/fstab によって、Linux 起動時に自動的に行うことができるようです。

fstab ファイルには、一行に、マウントしたい共有ファイル名、マウントポイント、ファイルシステム、オプション、ダンプ、チェック のように設定します。

上記の例の場合、

共有ファイル名 //servername/volume
マウントポイント /mountpoint
ファイルシステム smbfs
オプション username=xxxxx,password=yyyyy

というようになります。

ダンプの部分は、このボリュームをダンプする必要があるならば 1、そうでなければ 0 を設定するそうです。また、fsck によるチェックを行いたければ、チェックのところに 1、そうでなければ 0 を設定するそうです。詳しいことはよくわかりませんけど。

 

ということで、自動的にマウントさせるには、次のように1行で指定します。

//servername/volume     /mountpoint     smbfs     username=xxxxx,password=yyyyy     0 0

これで、Linux を再起動した直後に、自動的に SMB ボリュームをマウントするようになります。

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.