[ COMMON SETUP ]

Windows 2000

Windows 2000 で ACPI カーネルを構築する

2001/05/12 Tomohiro Kumagai

□ ACPI による電源管理

ACPI とは、Advanced Configuration and Power Interface の略で、OS による電源管理を想定した仕様のパワーマネージメントシステムです。

Windows 2000 は基本的にこれを使用して電源管理を行うそうなのですが、そのせいか否か、ACPI がサポートされるカーネルをインストールすることには慎重で、すこしまえのマザーボードを使用している場合には、BIOS レベルでは ACPI をサポートしているのにもかかわらず、ACPI カーネルをインストールしてくれない場合があります。

ACPI が有効になっていないと、Windows 2000 の電源を落としたときに、「電源を切る準備ができました」 という表示がなされるだけで、その後は手作業によって電源を OFF にしなくてはいけません。自動的に Windows 2000 の電源を落とすには、この ACPI か APM という仕組みを導入する必要があります。

そのようなわけで、今回は Windows 2000 Server を想定しての ACPI カーネル以外のコンピュータに ACPI カーネルをインストールする、という方向で話を進めていくことにします。

もちろん、マザーボードは ACPI をサポートしているものとしていますよ。

 

□ ACPI カーネルであるかの確認

ACPI カーネルをインストールするためには、Windows 2000 Server 自体を改めてインストールしなおさなくてはなりません。ですので、無用な再インストールを避けるためにも、ACPI がすでに導入されていないか、チェックしてみましょう。

Windows 2000 Server にログオンしたら、「マイコンピュータ」 上で右クリックをして、「管理」 を選択します。すると管理ツールが現れますので、そのなかから 「デバイスマネージャ」 を選択しましょう。

このデバイスマネージャの中の 「コンピュータ」 という項目内に何が導入されているかで ACPI がサポートされているかがわかります。

  • ACPI マルチプロセッサ PC
  • ACPI (Advanced Configuration and Power Interface) PC

といった記述が見られると思います。「コンピュータ」 欄には上のどちらかが表示されていると思います。もしも ACPI 対応のカーネルが入っていない場合、この部分は 標準 PC といったような記述になっているかと思います。

または、実際にシャットダウン手続きを行ってみるというのもひとつの方法です。

ACPI が有効な Windows 2000 Server であれば、Windows が終了したあとで自動的に電源が落ちることでしょう。ただ、電源を落とす仕組みには APM (Advanced Power Management) というものもあるので、こちらによって電源が落とされる場合もあります。

 

□ ACPI カーネルのインストール

ACPI カーネルをインストールするには Windows 2000 Server をインストールしなおす必要があります。

ですので、途中から ACPI の導入を検討する場合は、そのようなリスクを背負うだけの意味があるか、というのも考慮して行ってくださいね。当然のことですけど、Windows 2000 Server のインストールに失敗した場合の責任は作業者本人が取らなくてはなりませんので。

実際に作業をはじめる前に、重要な設定は確認しておきましょう。

経験則なので確証はないのですけど、ACPI カーネルに入れ替わったときに、Ethernet Adapter が新しく追加されたものとして認識されるようです。そうなると IP アドレスなどのネットワーク情報を新たに設定しなくてはならないので、そのあたりは特に気をつけておいてください。

 

さて、ではさっそく Windows 2000 Server の再インストールです。

再インストールは、Windows 2000 Server のアップグレードという形で行いましょう。Windows 2000 Server を起動してログオンしたら、Windows 2000 Server の CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入します。

すると、自動的にメニューが現れると思いますので、Windows 2000 Server のインストールを選択します。

途中で新規インストールかアップグレードかをたずねられますので、ここでは 「アップグレード」 を選択することにします。そうすることで、現在の設定のほとんどが引き継がれますので非常に楽です。

 

さて、必要なファイルのコピーが終わって、Windows 2000 セットアップは、コンピュータを再起動しようとします。ここですかさず、「再起動しない」 ボタンを押してください。

そして、C:\txtsetup.sif ファイルを編集します。

このファイルは隠しファイルであることと、読取専用になっていることに注意してください。フォルダオプションで隠しファイルを表示されるようにして、プロパティで読み取り属性を取り除きましょう。

メモ帳などで C:\txtsetup.sif ファイルを開いたら、ACPIEnable という記述がある部分を探しましょう。みつかったら、 ACPIEnable の値を 1 に設定します。

 

こうすることで、BIOS が古かったりしても、Windows 2000 Server は ACPI でシステムを構成してくれるようになります。ただし、マザーボードが ACPI をサポートしていればですけど・・・。

 

さあ、ここまできたら Windows 2000 Server を再起動して、セットアップの続きを行います。

と、そのまえに、再起動直後に BIOS の設定を行って、ACPI が BIOS レベルで有効になっているかを確認しておくことをお勧めします。BIOS の設定への突入方法はそれぞれ違うと思いますので、お手持ちのマニュアルなどを参照してみてくださいませ。

コンピュータの再起動を行うと、Windows 2000 Server のセットアップが進行します。このあたりは自分の環境に合わせて作業を行ってください。

Windows 2000 Server のインストールが完了すると、無事、ACPI カーネルが導入されていることと思います。デバイスマネージャで確認してみてください。

 

以上で ACPI カーネルの導入作業は完了です。

Windows 2000 Server のアップグレードを行うと、Service Pack が充てられていない状態になるようなので、Service Pack を利用している場合は、再び充てなおす必要があります。

また、Ethernet Adapter が新しいものとして認識される場合がありますので、IP アドレスなどの設定も正常に行われているかを確認して、必要に応じて再設定を行う必要があります。

もしも新しいアダプタとして認識されていた場合は、ルーティング情報が無効になっている場合がありますので、ルーティング系の設定も確認しておくことをお勧めします。そして、「デバイスの追加と削除」 で、無効になった Ethernet Adapter を削除しておくといいでしょう。

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.