タスクマネージャーを起動する

2012/10/30 Tomohiro Kumagai

□ Windows 8 でタスクマネージャーを起動する

Windows 8 では、次のようにしてタスクマネージャーを起動できます。

まず、スタート画面を表示して、画面のどこかで右クリックするとアプリメニューが表示されるので、そこから「すべてのアプリ」を選択します。この辺りのやり方については スタート画面ですべてのアプリを表示する に細かく記してあります。

 

そして、表示されたアプリのリストの中から、"タスクマネージャー" を起動します。

タスクマネージャーは "Windows システムツール" として分類されているので、それを頼りに探して行くと簡単です。

タスクマネージャーは Windows システムツールに分類されています。

 

タスクマネージャーのアイコンをクリックすると、デスクトップ画面に切り替わって、タスクマネージャーが表示されました。

Windows 8 のタスクマネージャー

プロセスの一覧には、デスクトップ画面とスタート画面とで起動しているアプリが全てリストアップされているので、現在どのアプリが起動しているかを把握するのにも使えます。

 

このタスクマネージャーは、従来通り、他の方法で起動することができます。

キーボード操作だけで起動させる場合は、「Ctrl」キーと「Shift」キーを押しながら「Esc」キーを押します。

デスクトップ画面からタスクマネージャーを表示させたいときには、タスクバーの何もないところで右クリックして、ポップアップしたメニューから「タスクマネージャー」を選択することで、簡単にタスクマネージャーを起動できます。

[ もどる ]


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.