リモート接続先に Windows キーを送信する

2011/11/14 Tomohiro Kumagai

□ リモート接続先の Windows 8 に Windows キーを送信する

Windows 8 では、スタートスクリーンの登場で、Windows キーを使用した操作が目立つようになった気がします。

そうなったときに慣れないが故に戸惑うのが、リモートデスクトップ接続で Windows 8 へ接続している場合です。

例えば Windows 7 からリモートデスクトップで Windows 8 に接続している場合、何気なく Windows キーを押すと、接続元である Windows 7 のスタートメニューが開いてしまいます。

 

リモート接続先の Windows 8 に Windows キーを送信するには、次のキーを入力します。

[Alt] + [Home]

このキーを押すことで、接続先の Windows 8 で Windows キーを押したことにすることができました。

 

それにしても、[Ctrl] + [Alt] +[Delete] のように、特別でめったに使わないキーであればいいですけれど、特に Windows 8 で頻繁に使用する Windows キーが、リモート接続かそうでないかで変わる設計をしてしまうところが不思議です。

Windows 8 が正式リリースされれば、リモートデスクトップクライアントの仕様も変わってくるかもしれないですけど、今のところは場面に応じて、わざわざ考えて入力しないといけないところが、とても煩わしくも感じます。

[ もどる ]


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.