スタート画面ですべてのアプリを表示する

2012/10/16 Tomohiro Kumagai

□ Windows 8 にインストールされているすべてのアプリを表示する

Windows 8 では、Windows キーを押したときに、これまでのスタートメニューに変わって、スタート画面が表示されるようになりました。

Windows 8 では、これまでのスタートメニューに変わってスタート画面が用意されました。

ここでは、いろいろなアプリがタイルで表示されていて、タイル対応アプリの場合はいろいろな情報が表示されるため、それらに簡単にアクセスできるようになっています。

ただ、ここには一部のアプリしか表示されていないため、インストールされていても、表示されていないものもあります。

 

インストールされているすべてのアプリを確認するには、次のようにします。

スタート画面の、アイコンがあってもなくてもどこでもいいので、右クリックします。

アプリバーが表示されます。

すると、画面の下にアプリバーが表示されるので、そこにある「すべてのアプリ」を選択します。

 

これで、すべてのアプリ一覧を表示することができました。

Windows 8 にインストールされているアプリの一覧が表示されます。

インストールされているアプリが全て表示されて探しにくい感じですけど、従来のアプリケーションは従来のスタートメニューのようにグループ毎に整理されているので、それを頼りに探して行けばなんとか探せる感じです。

 

ちなみに、スタート画面に表示させるアプリは、アプリアイコンを右クリックすることで、表示させたり消したりを選べるようになっています。

スタート画面にピン止めする。  スタート画面からピン止めを外す。

もしかするとスタート画面の位置づけは、従来のスタートメニューの代わりではなくて、以前の Quick Launch みたいな、自分でカスタマイズできる大きなメニューなのかもしれないですね。

[ もどる ]


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.