[ SERVER ]

SSD/Linux 0.2 / daemontools 0.76

SSD/Linux へ daemontools を組み込んでみる

2005/10/06 Tomohiro Kumagai

□ daemontools 0.76

daemontools とは、D.J.Bernstein さまが制作した、qmail や djbdns といったサーバソフトウェアを起動する上での土台となるソフトウェアです。

今までも Slackware Linux や RedHat Linux にて daemontools を使用したことはありましたけど、今回は Plat'Home 社にて購入した OpenBlockS266 上で稼動するディストリビューション SSD/Linux 0.2 にて daemontools を動かしてみることとなりました。

 

OpenBlockS266 は、標準では ROM からの起動なのですけど、さすがにそれだとフラッシュ ROM の容量や使い心地の問題から難しそうなので、今回は起動ディスクを ROM からハードディスクに変更してあります。

そのあたりのお話しは EZ-NET レポート: OpenBlockS266 をハードディスクから起動させる を参照してください。

 

□ daemontools のインストール

さっそく daemontools をインストールしてみます。

daemonntools は http://cr.yp.to/daemontools.html にて無償で提供されていますので、そちらから 2005/10/06 の時点では最新の daemontools-0.76.tar.gz をダウンロードしました。そして、SSD/Linux 0.2 には /usr/local ディレクトリがないのが少し気になるところですけど、とりあえず、従来の手順どおりに daemontools のインストール作業を行ってみます。

 

まずは /package ディレクトリを作成し、そのディレクトリのパーミッションを 1755 (drwxr-xr-t) に設定します。

mkdir -p /package

chmod 1755 /package

そうしたら /package ディレクトリへ daemontools-0.76.tar.gz を用意して、次のようにして展開および、カレントディレクトリの変更を行います。

cd /package

tar xvzpf daemontools-0.76.tar.gz

 

cd admin/daemontools-0.76

 

そうしたら、いよいよインストールです。

package/install

このようにすることでインストール処理が始まります。

 

自動的にさまざまなプログラムがコンパイルされて、出来上がったプログラムがシステムにインストールされます。

/usr/local/bin ディレクトリがなかったのが心配でしたけど、インストールが終わってみると、ちゃんと /usr/local/bin ディレクトリが作成され、その中にさまざまなプログラムがインストールされていました。

他にも svscan 用の /service ディレクトリが生成されていたり、/etc/inittab にも svscan の起動行が書かれていたり、また ps -e コマンドで確認してみると、既に svscan が起動していましたので、どうやら daemontools のインストールは問題なく完了したみたいです。

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.