[ SERVER ]

DeleGate 6.1.8

DeleGate で Microsoft Terminal Service を Proxy

2001/06/14 Tomohiro Kumagai
Last Update: 2001/10/21 Tomohiro Kumagai

□ Terminal Service プロキシ

電子技術総合研究所(電総研) の佐藤豊さんが作成した DeleGate を利用して、内部ネットワークに存在している Microsoft Windows 2000 Server に付属の Terminal Service に接続する方法を紹介します。

Microsoft Terminal Service は、TCP の 3389 番ポートを使用します。DeleGate を使用してこのポートを tcprelay 設定してあげることで実現できます。

/sbin/delegated -P3389 SERVER="tcprelay://msts.ez-net.jp:3389" ADMIN="admin@dummy.ez-net.jp" RELIABLE="*" REACHABLE="msts.ez-net.jp"

このような設定で、TCPRELAY を設定します。

なお、ここで出てきた msts.ez-net.jp というのは、目的の Terminal Service が稼動している Windows 2000 Server です。

 

あとは、Terminal Service Client を起動して、msts.ez-net.jp ではなく、DeleGate の設定をしたコンピュータへ接続すると、msts.ez-net.jp の Terminal Service を操作することが出来ます。

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.