[ SERVER ]

Windows Web Server 2008 R2 (x64)

Windows Web Server 2008 で管理共有を有効化する

2009/09/22 Tomohiro Kumagai

□ Windows 管理共有を有効にする

Microsoft Windows では、ネットワーク経由で、ハードディスクに格納されているデータを参照したり、ソフトウェアのインストールを行ったりすることのできる "管理共有" という機能が備わっています。

この機能は Windows ファイル共有にも使われる "SMB" (Server Message Block) という機能を用いて実現されていて、Windows 2003 頃までの OS では、標準で利用できるようになっていました。

Windows Web Server 2008 R2 では、この管理共有の機能が、標準では利用できなくなっていたので、その機能を使えるように設定を調整してみることにしました。

 

Windows Web Server 2008 R2 では、"ネットワークと共有センター" を用いて、管理共有を有効化することが出来ます。

コントロールパネルから "ネットワークとインターネット" をクリックします。そして、"ネットワークの状態とタスク表示" をクリックすると、"ネットワークと共有センター" というウィンドウが画面に表示されました。

ここで、左側の "共有の詳細設定の変更" リンクをクリックして、ファイルとプリンターの共有を有効にすれば、管理共有も自動的に有効となります。

なお、Windows ファイアーウォールの設定も、この時に自動で適切な設定が行われる様子です。


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.