[ SETUP ]

Linux / YAMAHA RTA50i

RTA50i のログを取る

2000/04/30 Tomohiro Kumagai
Modified: 2001/03/07 Tomohiro Kumagai

□ RTA50i とは

RTA50i は、YAMAHA 社製の ISDN リモートルータです。

このルータは ISDN のほか、OCN 等の低価格なインターネット専用回線にも対応しています。アナログポートや LAN ポートも用意されていてなかなか使い勝手がいいです。

そのほか、パケットフィルタリングや IP Masquerading 等も行う機能を持っています。

 

システムログを書き出す機能も持っていますので、今回は RTA50i が書き出したログを Linux ( Slackware 7.0 )  の syslogd に受けさせてみます。

 

□ ルータ側の設定

RTA50i の管理ページを表示して、【 システム管理 】 の項目へ進みます。

【 内部情報 】 ボタンを押すと、現在の設定情報やログが表示されている画面になります。その中に ”コマンド入力” というところがありますので、そこにコマンドを打ち込んで、適切な設定を行います。

 

特に重要なのが syslog host です。

このコマンドを使って、RTA50i がどのコンピュータへログ情報を投げるかを設定します。たとえば 192.168.0.1 へログを投げる場合には syslog host 192.168.0.1 と入力して 【 入力 】 ボタンを押します。

 

あと、どのようなログを送るかを設定するのに syslog info, syslog debug, syslog notice という命令もあります。

info は通信ログ、debug はデバッグ情報、notice はフィルタログです。たとえば notice ログを取りたければ、syslog notice on と入力します。

 

□ syslogd 側の設定

まず、外部からのログ情報を syslogd が受け取れるようにします。

/etc/rc.d/rc.inet2 のなかの syslogd の起動個所を見つけます。そして syslogd の部分を syslogd -r として、syslog が外部からのログを取得できるように設定します。

この設定を行ったら、念のため再起動をしておきましょう。

 

つづいて、ログを格納する場所を作成します。

今回は info と notice のログを取って、それぞれ

/var/log/RTA50i/info
/var/log/RTA50i/notice

に保存することにします。

よって /var/log ディレクトリの中に RTA50i のディレクトリを作成しておきます。

 

ディレクトリを作成したら、今度は /etc/syslog.conf ファイルの書き換えを行います。今回の例では次のような設定を行います。

user.=info /var/log/RTA50i/info
user.=notice /var/log/RTA50i/notice

これで info/var/log/RTA50i/info へ、notice/var/log/RTA50i/notice へログが保存されることになります。

ここで user というのは、RTA50i で設定されている Facility 番号 に対応したファシリティ名です。

変更したい場合は、RTA50i で syslog facility [ facility no ] を入力します。標準では user ( 1 ) が設定されています。設定できるファシリティ番号は、EZ-NET ディクショナリ: SYSLOG ファシリティ表 をご覧下さい。

 

あとは kill -HUP `cat /var/run/syslogd.pid` を実行して syslogd を再起動すれば完了です。

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.