[ SPECIAL ]

Git による版管理環境を構築する

2012/10/18 Tomohiro Kumagai

□ Git 環境を構築する

サーバー環境を構築する

CentOS 5.6 に Git サーバー環境を構築する

クライアント環境を構築する

Git クライアントにユーザー情報を設定する
公開鍵認証を使って Git サーバーへ SSH で接続する
Xcode4 で Git サーバーのリポジトリを参照する
Xcode4 で Git サーバーから取得したワーキングコピーを参照する
Xcode4 でリポジトリのブランチを切り替える
Windows で TortoiseGit を使用する

 

□ Git を使用する

リポジトリを用意する

空のベアリポジトリを作成する
既存のワーキングコピーからベアリポジトリを作成する
Subversion のリポジトリを Git リポジトリに変換する

ワーキングコピーを操作する

ワーキングコピーの状態を確認する
ワーキングコピーをステージング状態にする
ステージングされたファイルをコミットする
リポジトリからファイルを削除する
ファイル名を変更する
リポジトリにタグ付けをする
ワーキングコピーから不要なファイルを削除する
版管理に含めないファイルをまとめて指定する

ブランチを操作する

ブランチの作成や切り替えを行う
選択されているブランチを確認する
ブランチの差分を確認する
別のブランチの修正を取り込む
ブランチの差分を別のブランチに適用する
別のリポジトリの差分を取り込む
リモートブランチを操作する
ブランチを削除する

コミットを操作する

直前のコミットを修正する
コミット履歴を確認する
以前のコミット状態に戻す
過去のコミットに記録されているファイルの内容を確認する
以前のコミットから任意のファイルを復元する
コミット履歴からファイルを削除する

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.