[ SPECIAL ]

Git による版管理環境を構築する

2012/10/18 Tomohiro Kumagai

□ 過去のコミットに記録されているファイルの内容を確認する

昔にコミットしたファイルの内容を確認したい場合があります。

そんな時には、まず次のようにして、コミットログを確認します。

git log --stat

こうすると、コミットされた日付とファイルと合わせて "commit 2b78f2ccfe1e6b278fafe332272d6b6771dbd074" というようにコミット ID を確認することができるので、このコミット ID を使って、次のようにします。

git show 2b78f2ccfe1e6b278fafe332272d6b6771dbd074:password.txt

たとえばこのようにすることで、コミット ID "2b78f2ccfe1e6b278fafe332272d6b6771dbd074" の時点での "password.txt" というファイルの内容を、画面に表示させることができました。

 

コミット ID のところには HEAD とかも使用できるので、たとえば 3 個前のコミットの内容を確認したいときには、

git show HEAD~3:password.txt

このようにして、簡単に確認することができます。

 

なお、この方法だと過去の時点でのすべての内容が見られます。

現在のファイルとどこが変わったか(差分)を取得したい場合には、ブランチの差分を確認する でお話しした "git diff" を使用します。

目次


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.