[ SPECIAL ]

【特集】 NTP 環境を構築する

2002/05/26 Tomohiro Kumagai

2-5: NTP クライアントの設定 - Windows NT 編

NTPTime を使う

Windows NT 4.0 の場合、標準では NTP プロトコルをサポートしたソフトウェアはありませんので、別途 NTP に対応したソフトウェアをインストールする必要があります。

 

今回は、http://home.att.net/~Tom.Horsley/ntptime.html で提供されている NTPTime という NTP クライアントソフトを使用してみることにします。

 

上記のサイトから、ntptime.exentptime.cpl の2つのファイルをダウンロードします。ntptime.exe は NTP クライアントソフトで、ntptime.cpl は、各種設定を行うためのコントロールパネルです。

これらを、システムフォルダ (一般に C:\WinNT\System32) へコピーします。

 

そうしたらコマンドプロンプトを起動して、次のように入力します。

ntptime --install

これでサービスプログラムとして NTPTime が登録されました。

 

インストールが終わったら、コントロールパネルから [NTPTime] を開いて、NTPTime の設定を行います。

 

まず [Servers] タブを選択します。そして下の方のボックスに、問い合わせたいサーバ名を入力して、[Add] ボタンを押します。すると [Time Servers] の欄に入力したサーバ名が追加されます。

そして、[Settings] タブの [Set time every] を選択して、お好みの設定タイミングをセットします。

 

あとはコントロールパネルの 【サービス】 を開いて、NTPTime を開始すれば完了です。

これで数秒ほどで、指定したサーバの時刻と同期します。

 

目次

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.